住宅が完成した後のフォローも万全。
万が一の時の不安も「JIOの保険」で心配ご無用。

皆さまは「住宅瑕疵担保履行法」というのをご存知でしょうか!?これは新しくできた施主様を守る法律です。

例えば建築後に欠陥などが合った場合、業者は責任を負う必要がありますが、その業者に資力がなかったり、すでに倒産してしまっていた場合は、適切な処置を受けられず、これまでは住宅購入者様が極めて不安定な状態におかれていました。そのような問題をなくすために、この法律では、業者に対して資力確保措置(保険加入又は供託)の義務付け等を定めています。

スムホームでは、よりみな様に安心してマイホームを建てていただけるよう、万が一の場合にも備えて、日本住宅保証検査機構(JIO)の、瑕疵担保責任保険「JIOわが家の保険」を取り入れています。

新築住宅を供給する事業者は、住宅のなかでも特に重要な部分である、構造耐力上主要な部分および雨水の浸入を防止する部分の瑕疵に対する10年間の瑕疵担保責任を負っています。