ZEHについて

ZEHへの取り組み

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは

ZEH(ゼッチ)とは、住宅の高断熱化と高効率設備により、快適な室内環境と大幅な省エネルギーを同時に実現した上で、太陽光発電等によってエネルギーを創り、年間に消費する正味(ネット)のエネルギー量が概ねゼロ以下となる住宅です。

2020年度 ZEH 受託率

弊社のZEH事業計画につきまして、以下の通り2020年度の実績を報告いたします。

今後のZEH普及率目標(年度毎)
2016年度
目標
2017年度
目標
2018年度
目標
2019年度
目標
2020年度
目標
2025年度
目標
①ZEH受託率 0% 5% 10% 30% 55% 50%
②Nearly ZEH 受託率 0% 0% 0% 0% 0% 0%
ZEHシリーズ受託率 ①+② 0% 5% 10% 30% 55% 50%
その他の住宅受託率 100% 95% 90% 70% 45% 50%
合計 100% 100% 100% 100% 100% 100%
ZEH普及率実績(年度毎)
2016年度
実績
2017年度
実績
2018年度
実績
2019年度
実績
2020年度
実績
①ZEH受託率 0% 0% 10% 15% 10%
②Nearly ZEH 受託率 0% 0% 0% 0% 0%
ZEHシリーズ受託率 ①+② 0% 0% 10% 15% 10%
その他の住宅受託率 100% 100% 90% 85% 90%
合計 100% 100% 100% 100% 100%

今後について

本年度は、ZEH自体の一般認知度の低さに加え、当初経済産業省の定めた事業期間のあまりの短かさ故にお客様の家庭的事情が合わなかったことなどもあり、設定した目標を達成することができませんでした。

しかし徐々にZEHの一般認知度が高まりつつあることとなどから、今後の受託目標は当初から変更せずとしております。

2025年までのZEH普及目標の設定

政府は「エネルギー基本計画」(2014年4月閣議決定)において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で年間の一時消費エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅(ZEH(ゼッチ))の実現を目指す」と政策目標を設定しております。

スムホームは、2025年度までのZEH普及目標を設定し、その普及に努めます。